運営者挨拶

まつもとマルシェ代表 山川まりこからご挨拶

「まつもとを元気にしたい!今できる事をしていきたい。」
「参加してくれた人が笑顔になれるイベントをしていきたい。」
達WFCクラブは、WFCAを通じて世界中の人達がお互いを助け合い、豊かになるために活動しています。
今年からスタートしました、「まつもとマルシェ」は、
コロナの影響で集客に苦しむ多くのお店を少しでも助けたいという思いから始まりました。
マルシェというイベントを開催するのもまだ手探り状態から一歩ずつより良いものにしようと運営しています。

マルシェというイベントが一つの活気となり、
松本のみなさまが楽しく、そしてお得にイベントに参加していただき、色々な地場商品や体験を楽しんでいただき、
地元松本を元気にしたいと考えています。
イベントなどを通して、皆様にWFCクラブの理念に共感いただき、助け合いの社会を実現することが私達の願いです。
                                 山川まりこ

まつもとマルシェ副代表 篠崎由起子からご挨拶

2020年コロナと共に私達の毎日は変化を余儀なくされています。

こんな時だからこそ、
まだ見ぬ未来に一歩踏み出す勇気が必要だと思います。

構想から3年
WFCクラブはやっとスタート地点にたちました。
「まつもとマルシェ」も3回目の開催が無事できました。
9月には第4回目となるまつもとマルシェが20日に開催されます。
いずれは、松本に根付いた、松本の皆様が楽しんで参加してくれるイベントとなるように
今は精一杯育てていきたい!という一心で日夜打ち合わせやイベント準備を進めております。

ニュースマート、新しい価値観へ少しずつ松本も変わっていっているのを肌で感じます。
今までの良いものはなくならないように、
そして今はまだないものを取り入れていきながら
松本が元気に、そして多くの方がまた来たい!と思える都市とますますなりますように、
と願いを込めて今後もがんばっていきます。
そういった時代の流れに迎合していきながらこれからの松本、これからの松本を担う若者が、安心して暮らせるように
できることは限られているのかもしれませんが、
誰もが、もっと豊かに安心して暮らせるフィールド作りに貢献して行きます。

明るい未来を皆様と一緒に構築してゆけたら幸いです。
                                篠崎由起子